姉の妊活は俺との汗だく種付け貪り交尾を読んで思うこと

結婚して4年になるのにまだ子どもが出来ない姉のことを心配で仕方がない弟が姉のことを好きすぎてしまい、愚痴などを聞いたり、一緒にお酒を飲んでいたりしているときに弟が子どもが出来ない姉のために自分が精子を注ぐと言い出し、ピチッとしているムチムチのセーター姿の姉を押し倒してイヤらしいキスをして、近親相姦に陥ってしまい、二人で子作りのために週に一度だけ弟の家に弟の様子を見に行くという名目でセックスをするという生活が始まるというのは、旦那には秘密ながらも、子作りという名目があるため、なぜか後ろめたさを感じずに、二人が互いのことを大切にしていることがしっかりと伝わってくるので、見ていて羨ましいくらいのいちゃいちゃっプリを堪能できます。お風呂のなかでの触りあいなど、羨ましいくらいにいちゃいちゃしながらも激しいバックで激しく衝いてくる弟のピストンや姉の感じているアへ顔がたまらなくセクシーで、スケルトンで姉のなかに入っている弟のものが見える動きのある描写は素晴らしいの一言につきます。精子をシッカリと受け入れる姉の幸せそうな顔がイヤらしさというようりも妖艶な感じで、純粋そうな姉が乱されていくのは見ていて快感です。

子作りのために週に一度セックスをするというのは、子どもを望む夫婦であれば当たり前のことかもしれませんが、「姉の妊活は俺との汗だく種付け貪り交尾」では夫ではなく弟と子作りに励む姿を楽しむことができます。結婚をして4年経ってもまだ夫との子どもが出来ない姉が、子どもが出来ないことで姑にいやみを言われていることを知り、姉のことを守りたいという気持ちからか、それが性欲に変わってしまい、思わぬ形で姉と体の関係になってしまい週に一度、弟と子作りのためなのか、ただただセックスをしたいだけなのか、子作りのために避妊はもちろんせずに、姉のなかに思いっきり精子を注ぐ姿がイヤらしさ満載です。
来週は排卵日だからと嬉しそうに語る姉に、一週間後の約束の日、精子を溜め込んだ弟が我慢できずに姉のことを強く抱き、姉のなかにとろとろと自分のものを注ぎ込み、それを一滴も逃さないようにとし、無事に妊娠した姉なのですが、子作りのためだったはずのセックスは終わることなく、妊娠してから体型が変わってしまった姉に欲情をして妊娠中の姉のことを抱いてしまうのは、ドキドキさせられます。弟の子どもだということがバレないといいけどねと思いながらも、ラフラブなセックスを見せつけてくれる二人が羨ましくもなります。